品質向上に向けた取り組み

高品質・安全な製品をお客様に提供することが、当社におけるものづくりの原点です。「お客様満足を第一とする」という品質方針のもと、設計・開発段階における徹底的な性能試験・検証の実施や、製造段階における不良発生・流出防止の仕組みの構築、継続的な社内品質教育等を通じて、お客様に信頼頂いているDIDブランド品質の維持・向上に取り組んでいます。

品質向上に向けた取り組み事例

QC発表大会・品質講演会

当社及びグループ会社の各部門における、品質改善活動の活性化や好事例の横展開を図る目的で、社内QC発表大会を定期的に実施しています。また、改善活動の更なるレベルアップや、必要な知識の習得を目的として、外部講師による品質講演会も定期的に開催しています。

他部門での活動内容を共有することで、自部門の改善について新たな気づきを得るきっかけを作り、更なる改善に繋げられるよう取り組んでいます。

外部講師による品質講演会
品質道場

日々の業務における品質管理レベルの向上や技能伝承を図る目的で、経験豊富なベテラン従業員による教育の場を用意し、品質道場として定期的に開催しています。

長年の経験に裏打ちされたベテラン従業員のスキルやノウハウは、当社の品質レベルの維持・向上のために無くてはならないものであり、若手従業員への伝承を通じて、将来に向けた品質レベルの維持・向上に取り組んでいます。

品質道場での教育
品質管理実務マニュアル

全従業員が品質についての基礎的な知識を共有し、品質の維持・向上に向けて一致団結して取り組めるよう、独自に作成した「品質管理実務マニュアル」を、間接部門の従業員を含む全従業員が常時携帯するようにしています。

当社のものづくりにおける品質管理の考え方を全従業員が共有することで、日々の品質管理や管理レベルの向上に向けた取り組みに活用しています。

ヤマハ発動機㈱ グローバル品質優秀賞

ヤマハ発動機株式会社より、2020年「グローバル品質優秀賞」を受賞しました。この賞は、品質が優れていた取引先のみに贈られるもので、当社の海外拠点から納入された製品(主にバイク用チェーン・リム」)に対して贈られたものです。

受賞にあたり、ヤマハ発動機株式会社より、「ものづくり力、提案力、環境対応力を高めていきましょう。」とのお言葉も頂いており、今後も品質・環境に対するお客様の期待に応えられるよう、持続可能なものづくり体制の構築に向けた取り組みを推進していきます。