自動車エンジンタイミングチェーンシステム

自動車エンジンタイミングチェーンシステムとは、エンジンの「吸入⇒圧縮⇒燃焼⇒排気」という工程を適正に作動させるため、各パーツの動きのタイミングを合わせるためのシステムです。大同工業の自動車エンジンタイミングチェーンシステムは、高出力で小形化する高性能エンジンに要求される優れた耐摩耗性、疲れ強さ、静音性などの厳しい条件を満たして高い評価を得ています。特に世界ではじめて小型自動車用エンジンに採用された6.35mmピッチサイレントチェーンやディーゼルエンジン用ローラチェーンなどでは、当社独自の特殊表面処理技術で世界の自動車エンジンチェーン市場をリードしています。

タイミングチェーン

自動車産業の発展とともに歩んできたDID自動車エンジンタイミングチェーンは、優れた耐摩耗性、疲れ強さ、静粛性、衝撃強靭性を誇り、今日の高出力で小形化する高性能エンジンに要求される諸条件を満たし、高い信頼性を得ています。
特に世界で初めて採用された自動車エンジン用6.35mmピッチサイレントチェーンには、当社の特殊表面処理技術が採用されています。

スプロケット

DIDスプロケットは自動車産業の発展とともに歩んできました。自動車エンジンに使用されるスプロケットとして、チェーンとの最適な噛み合い設計により、騒音と振動の発生を抑えるとともに、スプロケットの優れた耐摩耗性の実現により、エンジンの長寿命化に貢献しています。

テンショナー

油圧機構・ノーバック機構を組み合わせることにより、エンジン運転時のトルク変動などによるチェーンの振動を抑制するとともに、チェーン摩耗伸びに自動追従し、エンジン始動時の無油圧状態におけるチェーンのバタツキによる騒音を抑制します。
テンショナー本体は軽量化のためアルミニウムを採用しています。

レバー・ガイド

レバー・ガイドはチェーンを摺動案内し、走行軌跡を形作るとともに、チェーンのフリースパン部を減少させ、振動を抑制するための部品です。
強度要件に合わせて、ガラス繊維強化プラスチック、アルミニウム、またはスチール製のボディを備え、チェーン走行面にはフッ素を配合した低摩擦プラスチックを採用しています。