ロールフォーミング

平坦な薄肉鋼鈑から目的とする断面形状を製造する成形加工方法です。

特徴
  • 鋳物や切削では難しい薄肉かつ中空・複雑断面で軽量化に貢献
  • 生産タクト8秒/個からの生産性
  • 外観仕上に研磨、めっきも可能

フラッシュバット溶接

接合断面を瞬時に溶融し、短時間で接合させる抵抗溶接技術です。

特徴
  • 幅の広い接合物でも短時間で接合が行える=高い生性
  • 継手効率が良好 ※当社調べAl7000系で90以上
  • 鉄・アルミ(Al7000系含む)の接合可能
  • 中空、非対称、複雑形状断面でも接合可能
主な用途
  • トラクター用ホイール
  • オートバイ用アルミリム

その他

加工 プレス打ち抜き、絞り成形、角パイプスウェージング、ベンダー成型
熱処理 焼なまし、焼入焼戻、恒温変態処理、溶体化・時効処理
表面処理 浸炭処理、浸炭窒化処理、高周波熱処理、クロマイジング、バナダイジング、湿式めっき、陽極酸化皮膜-アルマイト(カラー可能)
溶接 MIG&TIG溶接、スポット溶接
評価 FEM解析、非破壊検査など