現在位置ホーム企業情報歴史創業のあゆみ

創業のあゆみ

会社系統図

会社系統図

漆器からリム、そしてチェーンへ

新家商会〜新家自転車製造

石川県の加賀の山村で漆器の製造・販売問屋を営んでいた初代熊吉は、明治36年5月「新家商会」を設立し、当時輸入に依存していた自転車用の木製リムの製造を開始した。リムの主流が木製から鉄製に変わりつつある頃、いち早く鉄製リムの製造に着手し、国内初の内製化に成功した初代熊吉は、大正8年11月「新家自転車製造梶vを設立した。

国益チエン株ュ足

国益チエン且梠繧フ看板
   ▲国益チエン且梠繧フ看板

昭和8年当時、自転車の国産化が進む中において、チェーンの国産化は遅れている状況であった。そこで、既にリムで成功を収めていた二代目熊吉(三代次)は高性能チェーンの製造を決意し、国産化気運が高まる日本の「国益に沿った事業展開を行う」べく、同年5月25日、当社の前身である「国益チエン梶vを設立した。

大同チエン株ュ足

大同チエン且梠繧フカタログ
      ▲大同チエン且梠繧フカタログ

国益チエン鰍フ創業後は、他のチェーンメーカーとのシェア争奪による価格競争で、チェーン市場は空前の混乱状態となり、業界全体が疲弊していた。このような状況下で、市場を安定させることを目的に、国益チエン鰍存続会社として、朝日チヱン梶A加賀チヱイン鰍フ三社が合併して、昭和10年5月10日「大同チエン梶vが発足した。その由来は、「大同団結によって輪界をリードする」意味をこめて「大同」の名を冠した。


※ いくつかの団体などが、共通の目的に向かって、
小さな意見の違いを超えて一つにまとまること

大同工業株式会社へ

当時のカタログ
      ▲当時のカタログ

大同チエン鰍フ創業後は、積極的な設備投資と生産技術の進歩により、チェーン市場における地位を確固たるものにしたが、折しも戦時中の日本においては、自転車を含む”不急不要”の産業に対して資金が流れにくくなる経済統制がなされた。こうした情勢に対応すべく、大同チエン鰍熏H作機械の製造と鋳造工場の創始という経営の多角化に踏み出し、昭和13年12月23日「大同工業株式会社」へと社名を改め、現在に至っている。